今更準決勝、ドイツ×スペイン

 今になって録画していたものを見た。わざわざ23時から再生して見てみた(試合時間は3時半だったけど)。やはりこの時間にサッカーを見る習慣が付いてしまい、サッカーをこの時間に見ないと寂しい。

 さてドイツ。今までのイメージを払拭した攻撃的サッカーでイングランド、アルゼンチンから4点づつ取った優勝候補だった。しかしスペイン戦は慎重なゲーム運びだった。守りに回り今までの攻撃的なドイツのサッカーは見られなかった。失点はコーナーキックからプジョルのゴールだった。やはり準決勝ともなると慎重に行きたくなるのか。スペインのパス回しを警戒したのか。PK戦に絶対の自信でもあったのか。これがサッカーだろうか。個人的にはドイツとオランダの決勝戦が見たかった。

 どちらが勝っても初優勝のスペインとオランダの決勝戦。しかしまあ、強豪国以外の国は3位になれたとしても、必ず決勝戦には行けないんですね。フランス大会ではクロアチア、日韓大会では韓国とトルコ、そして今回ウルグアイも惜しくも準決勝敗退となった。アメリカ大会よりも前の大会は知らないのでわからないけど、これってやはり実力差なのか!?オランダとウルグアイの試合も疑惑のオフサイドのシーンなんかもあったので怪しいっちゃ怪しい。強豪国が必ず決勝戦に進む何かがあるのだろうか。

 スペインとオランダの試合なんて想像もつかない。見てみなきゃわからん!でも日曜の深夜なんて疲れて試合見るどころじゃないだろうなあ。帰ってすぐ寝て3時に起きて見ちゃうかな。日曜が仕事が暇だと助かるんですがね・・……(-。-) ボソッ。いよいよW杯も終わりか。なんか寂しいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本が3-1で勝利!ベスト16へ!

 ただ南米相手は苦手だろうけども・・・。トーナメントの相手はパラグアイ。どう対応していくのか見物です。さて今日の試合。デンマークがロングボール連発してくれて助かったかもしれない。あんな単調な戦術でやられるわけないだろうに。あと二つ勝てば岡田監督のベスト4も夢ではない。0-0で運任せのPK二つ勝ったってベスト4には違いない。ただ、今日のように攻めて点を取りに行きましょう!さあ眠い。寝るぞ~。お休みなさい。てかブログ連発で更新して(*_ _)人ゴメンナサイ。

ここで訂正です。FKでの得点は本田が3点目、遠藤が4点目だそうです。全部見ていたわけでは無かったということで(*゜.゜)ゞポリポリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30分で日本2点リード!2点目は本田と見せかけて遠藤のFK!

 今大会FKで得点した選手がいなかったのに、日本人二人が決めてくれました。この追加点はでかい!

 前半が終了。2-0で折り返し。ベストな展開。大久保はいいのか悪いのかわからない。しかし日本の両サイドバック、かなり攻守にいい働きをしてる。正直2点取ったから3点取られなきゃいいわけで、それでも上がって行くとは。でもまあ、サイドバックは上がらず後ろにいてもいい気もするけど。後半は遅延行為でのカードをこれ以上増やさないことだ。油断して3点取られることも無いように。

 後半終了間際。流れの中から岡崎がゴール。これは次の試合以降にも自信に繋がる一点となるだろう。これで終わったな(-ω☆)キラリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デンマーク戦のイメージ

 日本のシステムは4-5-1。けれど決して引いて守るのではなく、中盤でボールを奪取し、キープするようなイメージ。無理してサイドバックが攻撃参加せずバランスを取る感じか。自陣ゴール前でボールを奪ったら、右サイドの松井に預け、ドリブルで駆け上がり、中にいる本田に当ててカウンターでゴール。本田をワントップに据えるなら、その下は大久保ではなく、稲本あたりでも面白いかも。

 私ならワントップに本田、中盤は右に松井、中に稲本、左に長谷部、ボランチに阿部と遠藤。後ろは今までどおり長友、駒野、トゥーリオ、中澤、GK川島でいいと思います。さあ岡田監督がどういう布陣で臨むのか、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F組1位パラグアイ、2位スロバキアに確定

 イタリアも終了間際攻めに攻めて2点返したものの、3失点が響いてスロバキアに2-3で敗戦。パラグアイ×ニュージーランドが0-0で終了したため、1位が勝ち点5でパラグアイ、2位が勝ち点4でスロバキアとなりました。E組2位になるチームは1位のパラグアイと戦うこととなりました。ニュージーランドの試合はスカパーでチラ見でしたが、積極的に攻めることなく終わったように思います。

 スロバキアのキーパーがパンチでイタリア選手をこづいたシーンがあり、イエローカードが出ましたが、あれは退場でもおかしくなかった。スロバキア選手がゴール前でイタリアのシュートを跳ね返したシーンもゴールを割っていたかいなかったか微妙な感じでした。オフサイドでクアリアレッラのゴールが無効になったのも惜しかった。強豪国はフランスに続き、前回優勝国のイタリアも1次リーグ敗退となりました。日本の試合もどうなるかわからない。しかしまあ私は金曜休みでラッキーでした。夕方5時から9まで昼寝出来たので、朝まで見ます!がんばれ日本!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スロバキアが2点目

 イタリアはほぼ終了な感じ。ここでもしニュージーランドが勝つとニュージーランドが勝ち点5で1位、勝ち点4で得失点差の関係でパラグアイが2位となります。0-0のままならパラグアイが5で1位、スロバキアが4で2位。ニュージーランドだったら行けそうな気がしません?スロバキア結構強いですよ( ̄o ̄;)ボソッ。

 しかし後半80分イタリアが1点返した。残り10分で引き分けに持ち込めるのか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グループF、1位はどこの国に?

国名試合勝利引分敗北得点失点得失差勝ち点
国旗パラグアイ 2 1 1 0 3 1 2 4
国旗イタリア 2 0 2 0 2 2 0 2
国旗ニュージーランド 2 0 2 0 2 2 0 2
国旗スロバキア 2 0 1 1 1 3 -2 1

 日本が2位で勝ち抜けた場合、当たるのは上記のグループFの1位の国。大混戦のグループ。イタリア×スロバキアが前半終了時点でスロバキアが1点リード。ニュージーランド×パラグアイは0-0。このまま行けばパラグアイが勝ち点5で1位。スロバキアが4で2位となる。後半イタリアが追いついた場合、勝ち点3でイタリアとニュージーランドが勝ち点、得失点差も同じで2位に並ぶ。総得点差も同じことから、その場合FIFA役員の抽選で決めるんだそうで。まあパラグアイの試合も0-0で終わることは無いと思うので、この後の後半に注目です。

 まあ日本が大事なのはデンマークに勝ちに行くことですが。引き分け狙いでは無く、勝ちに行きましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーパー受難の大会と見るか

 オーストラリアとガーナの試合。ガーナのキーパーが相手のFKを弾いたところを詰められオーストラリアが先制。日本の失点はどうだったのか。まあでも川島は今まで何度も防いでくれていたので、攻められないか。でも本人も取れたなあと悔しがっていたようにも見えた。

 FKもゴールバーの上を通過して落ちてこないことも多いように思う。今のところFKが直接入ったシーンは無かったように思う。今回のボールは落ちてこない、キャッチしづらいそんな印象でしょうか。

 さて日本とオランダの試合。今日も右の松井あたりからチャンスを作るシーンが見られた。両サイドバックの駒野と長友がゴール前でチャンスを作る場面も見られた。

 大久保。好調なのはわかるが、遠目から雑にシュートするのが目立った。周りにパスを出さずに自分で持ち続けてシュート。丁寧にゴール前までパスで繋いでいればもっと面白かったと思う。

 中村俊。ボールを持ちすぎて後ろからボールを取られるピンチもあった。パサーは必要だろうか?ドリブルで突っかける選手のほうが面白かったかも。というか彼はもう・・・。

 これで今夜は眠れないか。デンマーク×カメルーン戦は寝ようにも気になって眠れない。ならばいっそのこと見てしまえばいいのだ。朝7時起きの生活なのに・・・。どっちが勝つのか引き分けるのか。引き分けてくれれば日本は3戦目引き分ければ有利か。カメルーンがオランダに勝つことは考えにくいから。オランダに善戦したのだからデンマークには勝ってほしい。でもデンマークってヨーロッパでも守備力の高いチーム。簡単に点が取れそうにないが、今日みたいにグラウンダーのクロスなど、足元のパスで翻弄出来れば勝機はあるか。3戦目は休みの前日なので、しっかり見れるのありました。

 今日負けるのはある程度計算済み。3戦目いい結果を出して、2度目の決勝トーナメント進出を果たして欲しい。おっと、オーストラリア、レッドカードで一人退場しPKで追いつかれましたな。アジア勢苦戦ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタメンを見た瞬間行けるかも!?と思った

 日本が初戦のカメルーン戦を1‐0で勝利。前半右サイドからチャンスを作り、本田が決めて先制。後半守りに回る場面が多かったが、勝利できた。正直ここまでやってくれるとは日本中の誰も思っていなかっただろう。今までが本当にテストマッチだったのか。

 中村俊輔を外し、本田を真ん中で使う1トップとも3トップともとれるシステム。長谷部、松井の両サイドも良かったのではないかと思う。やはりサイドにはサイドの選手、ドリブラーを起用するのが妥当。先制の場面、落ち着いて決めれる選手は日本には本田しかいないかもしれない。長友がエトーを完全に抑えたのも大きかった。やはり今のサッカーはサイドの攻防を制したチームが勝つ。

 次はオランダの3トップをどうやって抑えるのか。今日の試合のようにオランダのウイングを封じることが出来れば、引き分け以上が狙えるだろう。

 しかしまあ正直誰もが3戦全敗を予想したことでしょう。中村を外したこと。本田を王様に据えたこと。カメルーンの左サイドが穴だと岡田監督が知っていたのかどうか。知っていたのだとしたら岡田監督やスタッフの分析能力を評価すべきでしょう。試合中に攻めの形をしっかり見せた試合も始めてだった。これからも「サイドからの崩し」で是非決勝トーナメントに行って欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

湘南・原竜太が引退

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1078636&media_id=41

 28歳の若さで引退を表明。湘南を退団したのは知ってたけど、よもや移籍先も決まらず引退となるとは。不景気もあるだろうが、彼のピークは過ぎてしまったのだろうか?Jリーガーの選手生命は本当に短い。スーパー高校級と騒がれた彼も、10年活躍するのがやっとだった。日本のサッカー選手に何か長く続けられない欠点でもあるのだろうか?皆30前後で引退してしまう。それゆえゲームの世界でも、超早熟だらけ。恐ろしいことに23で衰退が始まるこのタイプの選手が、かなり多い。Jリーグ、日本サッカー界も選手の育成について何かを見直す時期なのかもしれない。まあ一番は個人の問題なのかもしれないが。とりあえずお疲れ様。他のクラブで活躍する姿を見たかった。人生終わったわけではないので、これから頑張ってください。サカつく6で彼が若手で登場したら、神の領域まで伸ばして育ててみたい。設備と監督が整っているだけで誰でも神の領域に行けてしまうのだけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)