まだまだだね、俺 ふっ

 こんなタイトルに顔文字が使えないのは辛いです。まあそれはさておき、各攻略サイトの掲示板などを見ておりました。自分が超初心者なのがわかりましたです、はい。このゲームまだまだ深い。ジョーカーズGP(ネットでのデータ対戦)のために色々試行錯誤して有効なスキルを持たせて戦わせるのが流行っているようです。私なんかスキルなんか適当でしたから。呪文に対する防御を高めるスキル、攻撃されたら必ず反撃出来るカウンターアタック、回復系スキルを排除し、とにかく攻撃重視で行くスキル(回復系を入れると攻撃力が下がるらしい)、などなど・・・。まだまだでしたね。色々各サイトの情報を考慮しつつ、新たに作り直すことも検討せねばなりませんね。正直こんなに深いゲームだとは思っていなかった・・・。まだまだどころか、むしろこれからが面白そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

マダムンガーデン、はぐれメタル&メタルキングの倒し方

 風呂に入れないので、ちょこっと書くとします。経験値稼ぎと言えば、マダムンガーデンのメタルエリア。最初ここを利用していた時は、はぐれメタル3匹倒して経験値3万程度を稼ぐのがやっとでした。しかし今はと言うと・・・。はぐれメタルを6匹+メタルキング1匹を倒し、150秒で8万稼げるようになりました。ラッキーパターンにはまると、最高10万程度まで稼げます。さてこの8万稼ぐ方法はと言いますと・・・。まあやりこんでる人なら常識的な話に過ぎませんが、一応書いときます。

 はぐれメタルは左・右の橋付近に2匹おります。当然特技のステルスを使って近づかないと逃げられます。今のところ右から片付けるか左から片付けるのがいいのか、まだパターンが確立されてないのですが、右なり左なりのはぐれを倒したら、次は反対側のはぐれを倒す。右・左とはぐれを連続で倒して残り30秒ほどになってきたら、最後のはぐれを倒して〆にメタルキングを倒せばOK!この際一撃で倒せて、仲間やメタルより早く動けるモンスターがいないと8万稼ぐのは無理です。

 攻撃力の目安は⑦氏にも教わったのですが、500を超えたあたりからはぐれにダメージ10前後与えられるようになりました。ずーっと私のミルドラースの攻撃力を気にしながらやってましたが、本当に490代の時はダメージ3程度も与えられず、502くらいになったら急にダメージ量が増えました。メタルキングは最後に倒すので、一撃で倒せなくても問題無いかとおもいます。ただし3ターンも戦っていると、逃げられる可能性は大なので注意ですが・・・。

 ラッキーパターンについて。はぐれメタルは出現ポイントが橋の付近と決まっております。たま~に橋から大きく外れた所まではぐれが動いていて戦闘に入った場合の例です。右側の橋から大きく外れた場所にてはぐれを倒すと、戦闘後再び右側の橋付近からはぐれが出現することがあります(無論左で起こることもありますが、大抵何故か右側が多いです)。このパターンのときは右から左のはぐれに移動せず、再び右のはぐれを倒せばいいわけですから、一撃必殺出来るなら15秒程度で2匹倒せてしまうわけです。ラッキーパターンが150秒内で2回あったなら、10万稼ぐことも可能かと思われます。私の最高記録ははぐれ8匹にメタルキング1匹が最高でしょうかね。

 ついでにスライムゾーンの足で板を倒して足場をかける池に、稀にメタルスライムが出現することがあります。残りタイムと関係あるのかと思ってましたが、これはハッキリしません。3体の合計レベル等、出現条件があるのかもしれません。まあたったの1000程度ですからどうてもいいっちゃどうでもいいですがね・・・。ちなみに出現ポイントは池の左下の辺りです。どこかの攻略記事のやり方では、メタルに遭遇することすら出来ないです。

 私はスライムゾーンは、普通に先に進む感じで攻略していけばいいだろうと考えております。最初に動けるモンスターに全体攻撃を「めいれい」又は、自動の特技や鞭で攻撃させつつ、アストロンには「いてつくはどう」で対抗(ガンガン行こうぜで特技所持していれば自動で出るはずです)すればいいとおもいます。

 最初はかったるかったメタルエリアでの経験値稼ぎですが、最近はどこまで稼げるかワクワクしながら楽しめるようになってきました。未だレベルを限界まで上げるべきなのか、適当なレベルで配合させてしまうか迷ってますが、明日か明後日にはあんこくのまじん→デスピサロが誕生すれば、ようやく私もSS級が3体揃います。捕獲したエスタークははっきり言って使えませんでしたが、彼(彼女)を使ってミルドラースと配合すれば、デスタムーアも作れます。

 この先はいよいよメタルスライムの捕獲に走るのか!?とりあえずランキング戦のランク上げもやっていこうと思います。このゲーム、クリアしてからのほうが面白い。こんなゲームもあるんですね。ではでは~。

| | コメント (0) | トラックバック (3)